髭剃りのおすすめ 定番T字カミソリ 人気ランキング2019

髭剃りのおすすめ 定番T字カミソリ 人気ランキング2019

毎朝の髭剃り・・・

たいていの男性にとって、
髭剃りは、これまでもず~っと、毎朝、行ってきて、

そして、

これからも、ず~っと、やり続ける作業でしょう。

髭剃りに使う道具として、

  • 電気シェーバー派
  • T字カミソリ派

2つにわかれると思います。

今回は、ヒゲが濃いとお悩みの男性のために、
T字カミソリの選び方と、定番人気ランキングについて
お話します。

毎日おこなう髭剃りだけに、
ヒゲが濃い男性だけではなく、普通の濃さのヒゲの方にも
お役に立つ情報もあります。

ぜひ、最後まで、目を通してくださいね。

T字カミソリで髭剃りをするメリットとデメリット

T字カミソリで髭剃りをするメリット

T字カミソリは、刃を肌に当てて深剃りができる

T字カミソリを使えば、直接、肌にカミソリの刃を当てて、
ヒゲを剃ることができます。

一方、電気シェーバーは、外刃で肌を押さえながら、
起こしたヒゲを内刃で刈る仕組み。

そのため、電気シェバーの方が、肌にはやさしいのですが、
思う存分、深剃りできるという点では、
T字カミソリのダイレクトな剃り味に、かないません。

特に、ヒゲが濃い方の場合、電気シェーバーの剃り味には
ちょっと満足できずに、T字カミソリをお使いの男性も
多いのではないかと思います。

T字カミソリは安い

あと、もう1つのメリットは、T字カミソリは、
電気シェーバーに比べると、価格が安いこと。

剛毛でもしっかり剃れる電気シェーバーは、
1万円以上、中には数万円もする高級髭剃りもあります。

しかし、T字カミソリは、もっと安く買えます。

T字カミソリで髭剃りをするデメリット

肌を傷つけ、カミソリ負けの原因になる

T字カミソリは、肌に直接あてて使うものなので、
正しい使い方をしないと、肌に悪いダメージを与えます。

カミソリ負けで悩んでいる方は、
正しいヒゲの剃り方を、「顔の剃り方のヒント」の動画で
確認してみましょう!

また、「剃った後の肌荒れやカミソリ負けしない方法」の動画も
とても参考になります

動画の中で、解説しているように、
カミソリ負けしないポイントは、ヒゲを剃る前に、
しっかりと、洗顔と保湿をすること。

ヒゲを剃る時は、肌への刺激を抑えるために、
できるかぎり、力を抜き、ゆっくりと落ち着いて、
顔の表面にそい、そーっとやさしくと剃ることです。

深剃りするために、刃を肌にこすりつけ、
力を入れて剃ると、肌を傷つけてしまい、
肌荒れやカミソリ負けの原因になります。

アフターケアの保湿も欠かせませんね。

T字カミソリで、肌を傷つけないように剃るのに、
これだけ手間がかかるのも、デメリットの1つですね。

定期的な刃の交換が必要

T字カミソリの刃は、定期的に交換が必要です。

メーカーによると、2週間から1ヵ月くらいで交換するのが
目安のようです。

長期的にはランニングコストがかさむ

替刃の買い替えを考えると、
高機能なT字カミソリほど、替刃も高いので、
最初は安くても、使い続けると、ランニングコストが
かさんできます。

T字カミソリの選び方

T字カミソリを選ぶコツは・・・

大きなメリットであるスッキリとした剃り味で、
深剃りができつつ、

上記のデメリットが、どのくらい軽減されているのか?

つまり、

  1. 可能な限り肌への刺激が少なく、
  2. 替刃のランニングコストも安い!

この2つの視点が大切です。

機能が高くなれば、コストも高くなるものなので、
そのバランスが、決め手です。

また、T字カミソリの選ぶ際には、
次のようなカミソリの特徴もポイントになります。

(1)刃の枚数で選ぶ

T字カミソリの刃には、1枚刃から、最も多いもので、
6枚刃まであります。

刃の枚数が多くなれば、なるほど、1枚の刃にかかる
力を分散できるメリットがあります。

そのため、ヒゲが濃い男性なら、5枚刃以上の
T字カミソリを使うと、キッチリと剃れるのに、
肌への刺激は少なくて済みます。

ヒゲがそれほど濃くない男性であれば、
3枚刃のT字カミソリでも、十分に剃れます。

(2)首振り機能の有無で選ぶ

T字カミソリの首の部分(ヘッド)が、
自由自在に動くほど、フェースラインに沿って
剃れます。

すると、何度も肌にカミソリの刃を当てずに、
少ない回数で、剃り終わるので、肌への刺激を
抑えることができます。

(3)電動か、手動かで選ぶ

電動式のT字カミソリには、極小モーターがついていて、
わずかに振動するために、手に力を入れなくても、
顔の表面をスーッとなでるだけでヒゲが剃れます。

ヒゲを剃る時に、つい力が入りがちだったり、
微妙な力のかけぐあいがわからない男性は、
こうした電動式のT字カミソリを選ぶとよいですね。

(4)使い捨てか、刃の付け替えかで選ぶ

T字カミソリには、刃と持ち手が一体となった
使い捨てタイプもあります。

ホテルの洗面台とかに、歯ブラシと一緒においてある
こともありますね。

市販の使い捨てタイプの中には、スグレモノもあるのですが、
ヒゲが濃い人が日常使いするには、機能面で限界がある
いわざるをえないでしょう。

毎日使うことを前提とすると、刃が付け替えられる
T字カミソリを選ぶのがよいでしょう。

髭剃りのおすすめ 人気の定番T字カミソリ3選

上記の基準に基づいて、人気の定番T字カミソリの中から
3つを厳選しました。

ランキング形式で、順番にご紹介しましょう!

プログライド フレックスボールパワー

心地よい微小振動で、肌への抵抗がほとんどない
滑らかな剃り味は最高級 ヒゲ剃り先端技術の結晶

第1位となったのは・・・

ジレット  プログライド フレックスボール パワー

ジレットって、どんなメーカー?

これから、なぜこのT字カミソリが、第1位なのか、
その理由をお話するのですが・・・

まずその前に、ジレットって、カミソリでは
よく聞くブランドですし、製品を使っていらっしゃる方も
多いかもしれません。

そこで、そもそもジレットとは、どんなメーカーなのか?

を知っておくと、このT字カミソリの素晴らしさを
さらによくおわかりいただけるのでは・・・

今から、100年以上も前、アメリカでのこと、

1903年、ジレットの創設者キング・キャンプ・ジレットは、
世界初の替刃式のT字型安全カミソリを製造・販売しました。

その当時、使い捨てのカミソリなどという
奇抜なアイディアは実現不可能だと科学者や製造業者に
相談しても、相手にされませんでした。

しかし、ジレットは諦めず、着想から6年かけて、
1901年に試作品を作りあげました。

製造工程から、全く新しく創り上げる必要がありました。

こうした創業の背景から、ジレット社のカミソリへの想いは
ハンパありません。

ヒゲやカミソリをトコトン、科学的に研究しています。

(上でご紹介した2本目の動画に、その片鱗が・・・)

その後、1967年には、電気シェーバーでも有名な
ドイツのブラウンを買収して、傘下に収めています。

2005年に、P&Gに吸収合併され、P&Gグループの一員
として、グロ―バルに、カミソリの研究・開発・製造を
行っています。

ジレットは、T字カミソリの産みの親、元祖。

ジレットが、T字カミソリを開発したことにより、
男性が、毎朝、自宅で、髭剃りできるようになりました。

男の髭剃りに、革命が起きたのです!

それ以前は、男性がヒゲをキチンと剃ろうとすると、
床屋に行って、剃ってもらうしかありませんでした。

今でも、床屋に行くと、ヒゲを剃ってくれるのは、
その名残りなんですね。

自宅でヒゲを剃るのが、当たり前になってしまい、
理容室でヒゲを剃る必要がなくなりました。

男性も、美容院へいくようになりました。

ヒゲをめぐる男性のライフスタイルも
大きく変わりつつあります。

このように男性の生活に大きな影響を与えてきた
ジレットが、現代のヒゲの濃い男たちのために、
ヒゲや肌の研究・調査を重ね、科学技術の粋を集めて、
世に送り出した1品が・・・

このプログライド フレックスボール パワーです。

プログライド フレックスボール パワーの特徴
  • 5枚刃
  • 首振り機能:フレクッスボール
  • 電動式
  • 刃を付け替え
  1. フレックスボールにより、刃が前後左右に首振りできるため、
    フェイスラインに密着して剃れ、剃り残しが減少
  2. 摩擦軽減モーターが、心地よい微小振動を起こし、
    刃のすべりをよくするので、肌への抵抗をほとんど感じさせない。
    手をゆっくりと動かすだけで切れる、滑らかな剃り味を実現 
  3. 極薄5枚刃が、ヒゲの引っかかりを抑え、
    肌にやさしいシェービングができる
  4. 潤滑油とミネラルオイルを配合したスムーザーが、
    さらに滑らかな剃り味をサポート
  5. 完全防水タイプなので、お風呂でも使えます
  6. 肌への刺激が抑えられ、顔の表面に密着して、
    すーっとやさしく剃れる理想的なT字カミソリといえるでしょう。
  7. 忙しい朝でも、やさしく、しっかりと剃れるので、
    髭剃りの時間が短縮できます
  8. 敏感肌の男性にも、おすすめです

シック ハイドロ5

剃りながら潤す、肌にやさしい剃り心地
必要にして十分な機能 コスパ最強の定番5枚刃
シックってどんなメーカー?

このシックも、ジレットと並び、カミソリ売り場で、
よく目にするブランドです。

シックとは、一体、どんなメーカーか、ご存知ですか?

今から、約100年ほど前のアメリカ、

1921年、ヤコブ・シックが現在のインジェクターの
原型ともいうべき、マガジン・リピーティング・レザー
を開発しました。

新品のカミソリの刃をカートリッジに入れることで
直接、手で触れずに、刃を安全に交換できる方式を
編み出したのです。

刃物であるカミソリを安全に交換できるアイディアが
消費者の心をわしづかみにし、ヒット商品となりました。

日本でも、1963年、シック・インジェクターとして、
導入されると、人気に火がつきました。

2001年に、ホルダー本体の製造・販売が終了した
にもかかわらず、根強いファンも多いため、
未だに、替刃だけは、製造・販売されているという
知られざるモンスター級のカミソリです。

こういう商品は、普通のドラッグストアには置いておらず、
ネット通販でなければ買えません。

ネット通販って、本当にありがたい!

また、そういうファンに対して、替刃の製造・販売を続ける
シックというメーカーにも、たいへん好感がもてます。

気に入ったカミソリは、いつまでも使いたいですからね。

さて、話をもとに戻すと・・・

この大ヒット商品シック・インジェクターに当たるような
現代のT字カミソリの定番が、
今から、ご紹介するシック ハイドロ5

シック ハイドロ5の特徴
  • 5枚刃
  • 首振り機能:あり
  • 手動式
  • 刃を付け替え
  1.  替刃に埋め込みのモイスチャージェルが、
    水に触れると溶け出し、髭剃り中の肌を潤す!肌を守る! 
  2. 深剃りの5枚刃それぞれに、5本のスキンガードが付属。
    摩擦を軽減し、刃が肌を傷つけるのを防げます
  3. フリップ式トリマーを使えば、凹凸がある鼻の下や口元、
    もみあげのキワの仕上げなど、剃りにくい部分も、
    細かくキッチリと剃れます
  4. 刃の後方から水を流すと、カミソリに残ったヒゲや
    シェービング剤を簡単に洗い流せ、手入れも簡単。
    目詰まりしにくく、カミソリを清潔に保てます
本体と替刃17個のまとめ買いがお得! Amazon 第1位!

フェザー Fシステム サムライエッジ

ヘッドと刃の独自機構で、深剃りと肌へのやさしさを両立
日本刀鍛冶の伝統を受け継ぐ国産カミソリ 究極の3枚刃

第3位は、フェザー Fシステム サムライエッジ
となりました。

フェザーってどんなメーカー?

フェザーも、カミソリでは有名なブランド。

フェザーは、日本の岐阜県関市を発祥の地とする
国産カミソリメーカーです。

関市は、刃物製品出荷額が日本一の
刃物の町として、知られています。

国際的には、ドイツのゾーリンゲンと並び称される
世界の刃物産地となっています。

歴史的には、約700年前の鎌倉時代から、
関市の良質な焼刀土(焼入に欠かせない土)と
水を求めて、全国から刀匠たちが移り住み、
日本刀を打ち始めたのが発端といわれています。
(岐阜県関市刃物産業連合会 ホームページより)

戦国時代には、兼元・兼定という名工を生み、
戦国武将たちに納められました。

その関市で、1932年に設立されたのが、
関安全剃刃製造合資会社。

日本企業で初めて、安全カミソリを製造しました。

1953年、フェザー安全剃刀株式会社に社名変更。

2016年には、フェザーミュージアムが、
「世界初の刃物総合博物館」として
リニューアルオープンしています。

そんな日本を代表するカミソリメーカー
フェザーが日本刀鍛冶の匠の技を伝承して
現代のサムライたちのために、
満を持して、送りだしているのが・・・

フェザー Fシステム サムライエッジです。

フェザー Fシステム サムライエッジの特徴
  • 3枚刃
  • 首振り機能:トリプルアクションシェービング
  • 手動式
  • 刃を付け替え
  1.  余分な力を吸収するヘッドのサスペンションや、
    マルチ首振り機構、3枚の刃が独立して動く
    トリプルアクションシェービングにより、
    肌の局面にピッタリと密着し、剃り残しを防ぎます
  2. 3枚の刃に波状の覆いがあり、刃が肌に食い込むのを防ぎ、
    滑らかな剃り心地で、やさしい肌当たり
  3. 刃の表面にセラミックスコーティングを施し、
    肌あたりの良さを実現。
  4. サムライエッジの替刃は、フェザー史上最高の耐久性。
    タフで長持ち。替刃のランニングコストを節約。
  5. すべて日本製。伝承の匠の技術で、高品質ながら低価格を実現。
    特にヒゲが濃くなければ、3枚刃でも十分すぎる剃り味

現在の人気T字カミソリの定番を見ていくと・・・

T字カミソリを考案、技術革新で世界初の製造に成功し、
男たちの毎朝の髭剃りに革命をもたらしたジレット。

簡単で安全にT字カミソリの替刃交換ができる仕組みを
生み出し、男たちから絶大な支持を受けているシック

日本刀の鍛冶の匠の伝承を受け継ぎ、高い技術力で
高品質ながら低価格、高いコスパを実現したフェザー。

髭剃りの歴史を、かいま見ることができました。

過去から、現在、そして未来へ

そして、今、男のヒゲに新たな時代の幕上げが訪れています。

ジレットの発明により、男の髭剃りは、床屋から、
自宅で行われるのが当たり前になりました。

1世紀を経た今、

自宅でできる家庭用レーザー脱毛器トリアが登場!

男の髭の脱毛が、条件付きながらも、
自宅でできる時代に・・・


あなたは、ご自分とヒゲの未来を、どのようにしたいですか?

【関連記事】

【疑念】レーザー脱毛器トリアは高出力すぎて、髭が濃い男性に危険はないか?質問した件

髭剃りにおすすめ!人気の電気シェーバー4機種と後悔しない選び方5つの秘訣【2019年版】

この記事はお役に立ちましたか?
あたたかい応援、いつもありがとうございます!
ポチッ↓


美容(メンズ)ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です