男の濃いヒゲを薄くする2つの危険な脱毛法と7つの対応策

髭剃り

毎朝、ヒゲを剃るのは煩わしいですね。

そこで・・・

濃いヒゲで悩んでいる男性のために、
ヒゲを薄くするには、どんな方法があるのか?

まず、絶対に避けるべき、やってはいけない
危険な2つの方法について解説します。

そして、濃い髭を薄くするための対応策として、
主な8つの方法について、脱毛、減毛、抑毛する仕組み、
メリット・デメリット、リスクや注意点について、
わかりやすく、まとめてみました。

あなたにぴったりのヒゲを薄くする方法を、
見つけるために、お役立てくださいね。

男の濃いヒゲを薄くするためには
絶対に避けるべき2つの危険な脱毛法

危険なことはダメ!


1.除毛クリーム

除毛クリームとは、毛のタンパク質を溶かす成分が入ったクリームです。

毛を溶かすほどなので、肌への刺激も強く、かぶれやアレルギー反応を
起こす可能性もあります。

そのため、顔など、肌が敏感な部位への使用を、
メーカーが禁止している商品がほとんどです。

皮膚の表面の毛を溶かすだけなので、再び毛は生えてきます。

使用しても大丈夫な部位なら、一時的な脱毛・減毛の効果は期待できますが・・・

顔に使用すると、肌トラブルを起こす危険があります。

除毛クリームは、使用法をよく守って使うことが必要です。

2.脱毛ワックス

脱毛ワックスは、毛にかけたワックスを固めて、一気に引き抜く商品です。

ヒゲの毛は根深いので、脱毛ワックスで無理に引き抜くと、
強い痛みや出血を引き起こす危険性があります。

そのため、顔への使用をメーカーが禁止している商品がほとんどです。

また、毛を引き抜くだけなので、再び毛は生えてきます。

使用しても大丈夫な部位なら、一時的な脱毛・減毛の効果は期待できますが・・・

顔に使用すると、顔の肌トラブルを起こす危険があります。

脱毛ワックスは、使用法をよく守ってお使いください。

除毛クリームも、脱毛ワックスも、顔に使うと、肌トラブルの元です。

顔の肌トラブルは、とても目立つので、失敗すると、後悔するかも・・・

間違った使い方をしないように、ぜひ気をつけましょう!

男の濃いヒゲを薄くする、おすすめの7つの対応策

濃いヒゲを薄くするおすすめの方法


1.医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、長期的な脱毛の効果が期待できます。

また、医師が常駐する脱毛クリニックで施術を受けられ、安全です。

(1)医療レーザー脱毛で、ヒゲが薄くなる仕組み

出力が高い医療用レーザーを照射して、
皮膚の下にある毛を再生する組織を破壊します。

一度、毛を再生する組織が破壊されると、
そこからは、毛が生えてきません。

髭を含む毛には、毛周期があり、1回のレーザー照射で、
脱毛できるのは、成長期の毛だけに限られます。

【参考記事】

ヒゲ脱毛を毛周期に合わせ、期間・間隔・回数で損するな!

ヒゲの場合、成長期にある毛が、約20%くらいと言われています。

一通り全体を脱毛し、効果を実感できるようになるには、
少なくとも5回程度の照射が必要とされます。

レーザーを照射する間隔は、できるだけ、毛周期に合わせると、
無駄がなく、効率的です。

しかし、毛周期の期間は、個人差があり、部位によっても異なります。

そのうえで、あえて言うと、ヒゲの毛周期は、
だいたい1ヶ月半から、2ヶ月くらいと言われています。

そのため、効果を実感できるまでには、
最短でも7~8ヶ月くらいかかることになります。

あとはどの程度まで、髭を薄くしたいかによって、
追加でレーザー照射を継続していくことになります。

ヒゲの濃さや生えている面積によって、個人差は大きいのですが、
髭をツルツルにするためには、15~18回くらいの照射が
必要な場合が多いようです。

(2)医療レーザー脱毛で、髭を薄くするメリット

いわゆる「永久脱毛」ができ、長期的な脱毛効果を期待できます。

一度、やってしまえば、ヒゲの手入れの手間が激減し、
わずらわしさから解放されます!

カミソリ負けによる肌荒れの心配がなくなります。

青髭も解消し、顔が明るくなります。

また、医師が常駐する医療クリニックでの施術となるので、
万一の場合の肌のトラブルへの対応も含めて、安全で安心できます。

(3)医療レーザー脱毛で、髭を薄くするデメリットやリスク

医療レーザー脱毛には、痛みがある

医療レーザー脱毛は、出力が高いレーザーを照射して、
毛に含まれるメラニン色素が反応して発生する熱で、
毛を再生する組織を破壊します。

そのため、個人差はありますが、痛みを感じるという
デメリットがあります。

特に、毛が密集して生えている鼻下は、痛いと言われています。

ただし、脱毛クリニックでは、必要に応じて、
麻酔を使い、痛みの緩和が図れます。

医療レーザー脱毛の4つの副作用

さらに、医療レーザー脱毛には、次の4つの副作用やリスクがあります。

  1. あかみやヒリヒリ感、むくみ
  2. 毛嚢炎(もうのうえん)
  3. 硬毛化・増毛化
  4. やけど

ただし、これらは、事前に想定される副作用やリスクなので、
もちろん、対応策も用意されていますので、安心です。

詳しくは、下記の記事をご参照ください。

髭のレーザー脱毛は危険?! 4つの副作用とその対応策

(4)医療レーザー脱毛で、注意すべきこと

医療レーザーは日焼けした肌には使えない

医療レーザーは、黒いメラニン色素に反応して、熱を発生させ、
脱毛する仕組みです。

日焼けした肌の場合、皮膚の中のメラニン色素にも反応して、
やけどする危険があるため、医療レーザーは使えません。

医療レーザーは白髪には使えない

同様に、メラニン色素が薄い白髪の脱毛にも、医療レーザーは使えません。

もしも、将来、ヒゲを生やしたくなると、後悔するかも

医療レーザー脱毛をすると、基本的には、毛が生えてこなくなります。

もしも、将来、髭を生やしたくなった時に・・・

後悔するかもしれない可能性があります。

(5)医療レーザー脱毛をおすすめしたい方

  • ヒゲを好みの薄さまで脱毛して、
    長期的に、髭剃りのわずらわしさから、解放されたい方
  • カミソリ負けによる肌荒れをなくしたい方
  • 青髭をなくしたい方
  • 明るい顔になり、スッキリと爽やかな印象を手にいれたい方
 おすすめの脱毛クリニック・サロンをチェック!

2.光脱毛・フラッシュ脱毛

光脱毛やフラッシュ脱毛は、一時的な脱毛・減毛の効果を期待できます。

永久脱毛ではありません。

医師が常駐していない脱毛サロンでの施術となります。

(1)光脱毛・フラッシュ脱毛で、ヒゲが薄くなる仕組み

出力を抑えた光やフラッシュを照射して、
皮膚の下にある毛を再生する組織の働きを弱めます。

脱毛完了後、ある程度の期間が過ぎると、
毛を再生する組織の働きの働きが回復し、再び毛が生えてきます。

医療レーザー脱毛と同様に、毛周期に合わせたタイミングで、
照射をすることが、無駄がなく、効率的です。

医療レーザー脱毛に比べると、出力が低いため、
同様の効果を得るためには、医療レーザー脱毛よりも、
照射回数を増やす必要がでてきます。

(2)光脱毛・フラッシュ脱毛で、髭を薄くするメリット

永久脱毛ではないので、将来、髭を生やしたくなったら、生やすことができます。

脱毛期間中は、ヒゲの手入れの手間が激減し、わずらわしさから解放されます。

カミソリ負けによる肌荒れの心配がなくなります。

青髭も解消し、顔が明るくなります。

医療レーザー脱毛よりも、出力が低いため、痛みは少ないと言われています。

(3)光脱毛・フラッシュ脱毛で、髭を薄くするデメリットやリスク

医療レーザー脱毛よりも、出力が低いため、
効果を実感するまで時間がかかる可能性があります。

長期的な脱毛効果を得るには、定期的な施術を受け続ける必要があり、
その分の費用はかかります。

(4)光脱毛・フラッシュ脱毛で、注意すべきこと

脱毛サロンを選ぶ際には、実績があり、安全面、衛生面、技術面など、
スタッフの教育研修システムが整っているところを選ぶとよいでしょう。

(5)光・フラッシュをおすすめしたい方

  • 将来、髭を生やす可能性を残しておきたい方
  • ヒゲを好みの薄さまで脱毛して、髭剃りのわずらわしさから、解放されたい方
  • カミソリ負けによる肌荒れをなくしたい方
  • 青髭をなくしたい方
  • 明るい顔になり、スッキリと爽やかな印象を手にいれたい方
  • 痛みに弱い方
 おすすめの光脱毛サロンをチェック!

3.針(ニードル)脱毛

針(ニードル)脱毛は、1本1本の毛穴に針を差し込み、
電気を流して、脱毛します。

高度な技術力が必要とされ、手間もかかかります。

医療脱毛クリニックや、エステサロンで施術を受けられます。

(1)針脱毛で、ヒゲが薄くなる仕組み

1本1本の毛穴に針を差し込み、電気を流して、
毛を再生する組織にダメージを与える脱毛法です。

脱毛処理した毛穴からは、基本的に2度と毛が生えてきません。

毛が少し残っている状態でないと脱毛できません。

1本ずつ脱毛していくので、1回の施術で脱毛できる範囲は限られます。

(2)針脱毛で、髭を薄くするメリット

1本1本、脱毛するので、ヒゲの間引き方や、デザインヒゲの形など、好みに合わせて、細かく調整できます。

医療レーザー脱毛や光・フラッシュ脱毛では難しい日焼けした肌や白髪でも脱毛できます。

(3)針脱毛で、髭を薄くするデメリットやリスク

手間をかけて、1本1本、脱毛するので、同じ面積を脱毛する場合、
医療レーザー脱毛や光脱毛に比べ、料金は割高になります。

毛穴に針を直接、差し込み、電流を流すので、
医療レーザー脱毛よりも、大きな痛みを感じる人が多いと言われています。

(4)針脱毛で、注意すべきこと

針脱毛の施術を受けられる医療クリニックでは、
全国展開しているようなところはみあたらないので、
近所にあるか、探す必要があります。

エステサロンでは、大手が全国展開しています。

サロンを選ぶ際には、実績があり、安全面、衛生面、技術面など、
スタッフの教育研修システムが整っているところを選ぶとよいでしょう。

(5)針脱毛をおすすめしたい方

  • コストパフォーマンスよりも、デザインヒゲなど細部の仕上がりにこだわりがある方
  • 日焼けした肌や白髪の脱毛をしたい方
 おすすめの針脱毛サロンをチェック!

3.家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、家庭でも手軽に使用できる脱毛器です。

安全を確保するため、光脱毛サロンで使われている脱毛機よりも、
さらに出力が低くなっています。

一時的な脱毛・減毛の効果が期待できます。

永久脱毛ではありません。

(1)家庭用脱毛器で、髭を薄くする仕組み

基本的には、光脱毛・フラッシュ脱毛と同じ仕組みです。

ただ、照射する出力が低いため、効果を実感するためには、
長期間にわたり、毛周期に合わせて、照射し続ける必要があります。

(2)家庭用脱毛器で、髭を薄くするメリット

脱毛クリニックやサロンに通わなくてよいので、
いつでも好きなときに、自宅で脱毛できます。

髭に限らず、全身の脱毛にも、使うこともできます。

他人に見られると、恥ずかしい部位でも、
自分で脱毛できるのは、助かりますね!

また、他の家族の方と一緒に、使うことができます。
複数の人で使えるなら、お得ではないでしょうか?

(3)家庭用脱毛器で、髭を薄くするデメリットやリスク

家庭用脱毛器は出力が低いため、男性のヒゲのように
毛が太く密集している部位に対しては、効果を実感できるまで、
長い時間がかかる可能性があります。

効果が出るまで、あきらめずに、毛周期に合わせるように、
一定の間隔で、継続的に照射を続ける必要があります。

永久脱毛ではないので、照射をやめると、再び毛が生えてきます。

業務用の脱毛機に比べて、出力が低いといっても、
発毛を弱めるほどの強い光が照射される機器なので、
取り扱いには十分な注意が必要です。

例えば、出力レベルの調整など、正しい使用手順に従った操作をしないと、
誤って出力を高くしすぎるなど、肌のトラブルを招くリスクがあります。

(4)家庭用脱毛器で、注意すべきこと

家庭用脱毛器は、手軽ではありますが、
自己責任で、脱毛することになります。

そのため、使用上の注意をよく守り、安全面には、
十分な注意を払うことが、上手に使うために不可欠といえるでしょう。

(5)家庭用脱毛器をおすすめしたい方

  • 近所に脱毛クリニックやサロンがない、
    忙しくて、脱毛クリニックやサロンにいく時間がないなど、
    様々な理由で、脱毛クリニックやサロンに通うことができない方
  • 自宅で、手軽に、カミソリ負けによる肌荒れや青髭をなくしたい方
  • 他人にやってもらうよりも、自分で脱毛したいと望んでいる方
  • 家族と一緒に、自宅で脱毛したい方
  • 家庭用脱毛機での照射を、定期的に、根気よく、継続できる方
  • 正しい使用方法を守り、自己責任で安全面の確保ができる方

濃いヒゲに悩む男性に、おすすめの家庭用脱毛機をチェック!

家庭用脱毛器ケノン

ケノンは、出力が抑えられている家庭用脱毛器としては・・・

  • 利用者の要望に基づき、改良に、改良が重ねられている
  • 主要部品の大半は「日本の大手メーカー」が製造した、
    ケノン専用の特注品が使われていて、抜群の高性能!
  • 購入者の、なんと43%が、男性!
  • 絶賛レビュー11万件突破!

などなど、たいへん人気の家庭用脱毛器です!

ケノンブラック

詳しくは、こちらで・・・

 家庭用脱毛器 ケノン公式サイト

こちらの記事も参考にどうぞ・・・

男の家庭用脱毛器ランキング2019 濃い髭に悩むメンズなら見逃せない4つの確認点

4.抑毛ローション

抑毛ローションは、ヒゲの成長を抑えるために塗るローションです。

今、生えているヒゲが抜けるわけではありません。

自宅で手軽に使うことができます。

(1)抑毛ローションが、髭を薄くする仕組み

抑毛ローションの主成分は、大豆に含まれるイソフラボンなどで、
女性ホルモンによく似た働きをして、ムダ毛を細かく目立たなくします。

あと、パイナップルに含まれるブロメライン酵素や、
パパイヤに含まれるパパイン酵素が含まれている抑毛ローションもあります。

この2つの酵素は、タンパク質を分解して、ムダ毛を柔らかくしたり、
発毛力を弱くする働きがあります。

(2)抑毛ローションで、髭を薄くするメリット

抑毛ローションは、抑毛したい部位に塗るだけなので、使い方はとても簡単です。

抑毛ローションには、保湿成分も含まれています。

保湿が必要なひげ剃り後に塗る習慣をつけると、肌荒れを防ぐ効果も期待できます。

肌にやさしいのは、よいですね!

(3)抑毛ローションで、髭を薄くするデメリットやリスク

抑毛ローションは、毛が生えてくるのを抑えるために塗るローションです。

すぐに毛が抜けたり、生えなくなるわけではありません。

今、生えているヒゲが、毛周期によって、抜け落ちた後で、
新しく生えてくる毛に対しての効果が期待できます。

ヒゲの毛周期は、個人差はありますが、
だいたい1ヶ月半から2ヶ月くらいと言われています。

そのため、効果を実感できるまでには、時間がかかるようです。

個人差はありますが、3~6ヵ月くらいは様子をみるとよいでしょう。

(4)抑毛ローションで、注意すべきこと

基本的に、脱毛するために使うものではないことに、
注意する必要があります。

塗るだけで、ヒゲがごっそりと抜けるわけではありません。

生え変わって、次の毛周期で生えてくるヒゲに対して、
効果が期待できるローションです。

それまで、根気よく続ける必要があります。

また、男性ホルモンを抑える働きがある成分が含まれていますが、
もともと男性ホルモンが多い方には、効果が低い可能性があります。

自分の肌に合うか心配な場合は、返金に対応してくれる商品を選ぶとよいでしょう。

(5)抑毛ローションをおすすめしたい方

  • 生えてくるヒゲを、少しでも目立たないようにしたい方
  • 髭剃り後のアフターケアをしながら、髭をうすくしたい方
  • 効果が実感できるまで、時間がかかっても、根気よく続けられる方

濃いヒゲに悩む男性に、おすすめの抑毛ローションをチェック!

NULL アフターシェーブローション Face & Body

Null アフターシェーブローション

NULL アフターシェーブローション Face & Bodyは、

  • 男性の髭が濃い悩みに着目し、厳選された豆乳発酵液と
    ダイズ種子発酵エキスを配合
  • ヒゲ剃り後の痛んだ肌をケアするアロエベラ葉エキス配合
  • 容器、成分ともに安心・安全の日本製

などの理由で、楽天ランキング1位、Yahoo!ショッピング1位を
獲得しています!

詳しくは、こちらで・・・

 NULL アフターシェーブローション 公式サイト

【関連記事】

髭に脱毛クリームは危険?!濃い髭を薄くする後悔しない3つの秘訣

5.コンシーラー

コンシーラーは、髭を脱毛したり、生えなくするものではありません。

例えば、青ヒゲの上から塗って、青みを隠し、目立たなくする化粧品の一種です。

ヒゲ自体に変化はありません。

言ってみれば、その場しのぎ的にはなりますが、
急な対応が必要な時には、特に威力を発揮するでしょう。

いつも髭が濃くて、悩んでいる方は、いざというときのために、
緊急避難的なアイテムとして、準備しておくとよいかもしれません。

(1)コンシーラーが、髭を薄く見せる仕組み

化粧品として、ヒゲの上に塗ることで、ひげを隠します。

ヒゲ自体には、何も変化はありません。

そのため、洗顔などで、コンシーラーが落ちれば、元に戻ります。

(2)コンシーラーで、ヒゲを薄く見せるメリット

何らの事情、例えば、夕方、青ひげが目立ってきたのに、
外出先で、電気シェーバーが使えないなど、髭剃りができない場合でも、
ただ塗るだけで、簡単に、ヒゲを薄く目立たなくできます。

  • 突然、取引先との夜の接待が入った・・・
  • 急に、合コンのメンバーとして誘われた・・・

とかで、髭がヤバい状態のときには、助かりますね!

ニキビ跡や、寝不足時に目の下にできるクマも、
自然に隠すことができる効果も期待できます。

日常的には使わないかもしれない方でも、
もしものときに備え、手元に置いておくと、安心できますね!

(3)コンシーラーで髭を薄くみせるデメリットやリスク

あくまでも、髭を隠す化粧品なので、ヒゲ自体には変化がありません。

一時しのきにはなりますが、コンシーラーがはげれば、
元に戻ってしまうため、根本的な対策にはなりません。

(4)コンシーラーの注意点

女性用に開発された一般的なコンシーラーと使うと、
男性の肌とは、色や質感がなじまず、塗っていることがばれる
可能性があります。

そのため、男性専用に開発され、男性の肌と自然になじむコンシーラー
選ぶことがポイントです。

(5)コンシーラーをおすすめしたい方

  • 青ひげが気になり、いつも電気シェーバーを携帯しているが、
    万一、電気シェーバーも使えない状況でも、
    髭を薄く見せる対策をとっておきたい方
  • ニキビ跡や、目の下のクマなども含めて、
    自然な感じで、顔全体の印象をよくしたい方

濃いヒゲに悩む男性に、おすすめのコンシーラーをチェック!

メンズ専用 NULLBBクリーム

Null BB クリーム

メンズ専用 NULLBBクリームは、
日本人男性の肌に合わせて、1から開発されているため、
塗ってることがばれずに、自然に隠せます!

詳しくは、こちらで・・・

 メンズ専用 NULLBBクリーム 公式サイト

6.電動シェーバー

電動シェーバーを使うには、特に事前の準備の必要がありません。

スイッチさえ入れれば、すぐに、その場で、髭を剃ることができます。

(1)電動シェーバーで、髭を剃る仕組み

電動シェーバーは、外刃を肌に当てながら、ヒゲを起こし、
内刃で刈り取って、剃る仕組みです。

肌から上の表面に出ている部分のヒゲを剃るだけなので、
引き続き、ヒゲは伸びてきます。

そのまま伸ばすのでなければ、基本的には、
毎日、ヒゲの手入れが必要になります。

(2)電動シェーバーで、髭を剃るメリット

カミソリに比べて、ヒゲを剃る前の準備が、特にいらないので、
わずらわしさは軽減され、便利です。

ヒゲを剃る内刃が肌に直接振れないので、
肌にも、優しいというメリットがあります。

カミソリ負けをする人は、電動シェーバーの方が、
肌のためにはよいということですね。

刃の交換頻度が、カミソリよりも少なくて、
2年くらい持ちます。

(3)電動シェーバーで、髭を剃るデメリットやリスク

当然のことながら、電動シェーバーの本体の価格は、
カミソリよりも高くなります。

数千円から、数万円します。

人によっては、剃った後で、肌がザラザラするような感じに
なるかもしれません。

アフターシェイブローションなどをつけて、
肌の保湿と手入れをするとよいでしょう。

内刃が直接、肌に触れずに、剃る仕組みのため、
カミソリに比べると、剃り心地がスッキリしないと
感じる方もいるかもしれません。

好みの問題が、大きいのかもしれません。

(4)電動シェーバーの注意点

電動シェーバーは、音が出るので、使用時には、
周囲への配慮が必要となる場合があります。

(5)電動シェーバーをおすすめしたい方

  • カミソリ負けによる肌荒れで悩んでいる方
  • 手軽に髭剃りを済ませたい方

【参考記事】

髭剃りにおすすめ!人気の電気シェーバー4機種と後悔しない選び方5つの秘訣【2019年版】

7.T字カミソリ

髭を剃る定番のアイテムです。

このT字カミソリを、お使いの人も、多いのではないでしょうか?

私も使っています。

5枚刃とか、刃の数が多いカミソリは、しっかりと深剃りができ、
スッキリして、気持ちいいですよね。

細かいところも、キッチリと剃れます。

(1)T字カミソリがヒゲを剃る仕組み

カミソリの刃が直接ヒゲを剃ります。

〇枚刃のように、複数の刃が組み合わされているカミソリは、
最初の刃が髭を剃った時に、引き出された毛を、次の刃が再び剃って、
さらに毛を引き出す仕組みなので、深剃りができます。

(2)T字カミソリでヒゲを剃るメリット

ヒゲを剃る仕組みは単純です。

1回毎の髭剃りに手間はかかりますが、初期費用を安く抑えることができます。

(3)T字カミソリでヒゲを剃るデメリットやリスク

T字カミソリは、肌に直接あてて使うものなので、
正しい使い方をしないと、肌に悪いダメージを与えます。

まず、使う前には、蒸しタオルを当てるか、お湯で顔をよく洗い、
シェービングフォームをつけて、ヒゲを柔らかくするとともに、
肌を水分でしっとりさせる必要があります。

朝の支度で慌ただしい時などには、この準備にかける時間があまりないと、
つい、準備もそこそこに、急いで剃ろうとして、
肌を傷付けてしまう原因になります。

すると、カミソリ負けを起こし、肌荒れを起こします。

剃り終わったあとも、アフターシェーブローションをつけるなど、
保湿をして肌を整える必要があります。

あと、カミソリの刃は、交換が必要です。

メーカーによると、2週間から1ヵ月くらいで交換するのが目安のようです。

(4)T字カミソリの注意点

髭剃り1回あたりの費用は安いですが、カミソリの刃は消耗品であるため、
何十年も買い替え続けると、つもりにつもって、それなりの金額になります。

コストパフォーマンスを、長い期間で比較をすると、
電動シェバーや医療レーザー脱毛に逆転され、
むしろ割高になってしまう可能性があるかも・・・

(5)T字カミソリをおすすめしたい方

  • 肌を直接剃れるカミソリの爽快感や、深剃りが好きな方
  • 肌にダメージを与えないように、カミソリを使って、正しい手順で髭を剃れる方
  • 朝、落ち着いて、ヒゲを剃れる方
  • 髭剃りの1回あたりの費用を、できるだけ安く抑えたい方

【参考記事】

髭剃りのおすすめ 定番T字カミソリ 人気ランキング2019

濃い髭を薄くするのに、おすすめはできない方法

毛抜き

毛抜きは、もっとも手軽な脱毛法です。

また、一番、お金もかかりません。

(1)毛抜きで、ヒゲを薄くする仕組み

気になるヒゲを1本ずつ、毛抜きでつまみ、抜くだけです。

とても単純です。

(2)毛抜きで、ヒゲを薄くするメリット

ヒゲを抜いた瞬間から、そのヒゲが肌からなくなるので、
「1本抜いた!」という達成感があります。

しかし、1本抜いても、毛穴の奥の毛を再生する組織は残ってままなので、
ヒゲは、そこから再び生えてきます。

つまり、一時的な脱毛にしかなりません。

(3)毛抜きで、ヒゲを薄くするデメリットやリスク

毛抜きでヒゲを抜くと、副作用が起こるかもしれないリスクがあります。

例えば、抜いた毛穴のところに、菌が入ると、毛嚢炎という
白いニキビのようなものができます。

また、埋没毛といって、毛抜きで抜いた毛が途中で切れて、
肌の下に埋もれてしまうことがあります。

こうなると、皮膚が色素沈着を炎症を起こすこともありえます。

(4)毛抜きの注意点

毛抜きは、とてもお手軽にできてしまいますが、
上記のような副作用を考えると、
できれば、やらない方ように注意するとよいでしょう。

そのため、おすすめはできません。

まとめ

髭が濃いと悩んでいる男性のために、
ヒゲを薄くする8つの方法を、ご紹介しました。

あなたに適した方法は見つかりましたか?

ヒゲを薄くするための抜本的な解決策は、
やはり、脱毛クリニックやサロンで施術をうけることです。

たぶん、毎日、お忙しいでしょう・・・

そこで、脱毛クリニックやサロンを選ぶときの基準として、
下記の5点を重視して、

  1. 安全で安心できる
  2. 多くの実績がある
  3. 男性の悩みやコンプレックスへの理解と配慮がある
  4. 男性の多様な脱毛ニーズに対応できる技術力
  5. 料金が合理的で、納得できる

おすすめの脱毛クリニック・サロンを選んでおきました・・

 おすすめの脱毛クリニック・サロンをチェック!

ご参考になりましたら、とてもうれしいです!

最後まで、お読みいただき、どうもありがとうございました!!

【関連記事】

髭が濃い悩みを解消した究極の秘訣!永久レーザー脱毛3つの間違い

この記事はお役に立ちましたか?
あたたかい応援、いつもありがとうございます!
ポチッ↓


美容(メンズ)ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です