疑念?レーザー脱毛器トリアは高出力すぎて髭が濃い男に危険ないか?質問した件

家庭用レーザー脱毛器トリアは高出力すぎて、ヒゲの濃い男性に危険はないか?

家庭用レーザー脱毛器トリアを、日本で販売する
トリア・ビューティ・ジャパンさんのオフィスに、
行ってまいりました。

場所は、東京メトロ 表参道の駅から徒歩約3分。

表参道といえば・・・

おしゃれな美容院やビューティーサロンがひしめく、
都内でも、有数の美容の激戦区です。

そんなおしゃれな街の中心部にある、
トリアさんのオフィスに、男の私が、
足を踏み入れるのは、ちょっと緊張・・・

しかし、どうしても、やらなければいけないことが
私には、あったのです。

意を決して、オフィスのドアを開け、中に入ると、

とてもおしゃれな空間が・・・


歴代の家庭用レーザー脱毛器トリア


壁の棚には、歴代の家庭用レーザー脱毛器トリアが、
色どりも鮮やかに、美しく陳列されています。

さらに・・・


家庭用レーザー脱毛器トリア4X


まるで、都会の真ん中で、ホッと一息をつける、
安らぎのリラクゼーションサロンのように、

お花や観葉植物に囲まれて・・・

家庭用レーザー脱毛器トリア4X(フォーエックス)が、
美しくディスプレイされています。

「うーーむ・・・

家庭用レーザー脱毛器トリアの対象は、
女性だなぁ・・・

はたして、この美しいトリアで、
男性の太いヒゲを脱毛できるのか?」

私の疑念は、ますます深まるばかりでした。

なぜ、今回、私が、トリアさんのオフィスに
うかがうことになったのか?

そのいきさつは、後ほどお話することにして、

家庭用レーザー脱毛器トリアとは、一体何か?

少しお話ししましょう。

家庭用レーザー脱毛器トリアとは?

家庭用レーザー脱毛器トリアの製造元は?

家庭用レーザー脱毛器トリアの製造メーカーは、
2003年に、アメリカで誕生しました。

当時、業務用脱毛機で世界の8割のシェアを占めていた
「ダイオードレーザー」の開発者たちが設立しました。

2004年には、初代のトリア・パーソナルレーザー脱毛器が、
アメリカで発売されました。

2005年には、日本でも販売を開始。

これまでに、シリーズ累計で、世界で500万台以上の
販売実績があります。

トリアが「医療レーザー」を応用した
唯一の家庭用レーザー脱毛機である深い理由

医療レーザー脱毛機でも使われている
「医療レーザー」を応用した家庭用レーザー脱毛器は、
世界で唯一トリアしかありません。

大型の業務用レーザー脱毛機の機能を、
片手でも取り扱える小型のパーソナルレーザー脱毛器に
応用するためには、レーザーの理論的な研究だけなく
様々な製造技術が必要です。

家庭用レーザー脱毛器トリアの製造メーカー
米国トリア・ビューティ社は、トリアの製造に関する

  • 75件の特許およびその申請
  • 10件の科学的論文発表

を行っています。

特許で保護されているために、他のメーカーが、
どんなに家庭用レーザー脱毛器を作りたくても、
作れません。

まだ、日本では、あまり知られていない事実
かもしれませんが・・・

これが、光(フラッシュ)方式の家庭用脱毛器の
メーカーや機種は、たくさんあるにもかかわらず、

家庭用レーザー脱毛器は、トリアしかない
深い理由です。

そのため、光(フラッシュ)式よりも、
高い効果が期待できるレーザー式の家庭用脱毛器は、
トリア一択となります。


なお、レーザー脱毛、光・フラッシュ脱毛などの違いについて
詳しく知りたい方は、こちらをお読みください。

【関連記事】

【超 初心者必読】レーザー、光・フラッシュ、針脱毛の違い、メリット・デメリットを比較!

トリア・ビューティ・ジャパンさんを訪ねた理由

トリアとは、どんな家庭用レーザー脱毛器なのか・・・

お分かりいただけましたでしょうか?

さて、ここからが、この記事の本題となります。

業務用脱毛器の分野では、
医療レーザー脱毛機は、出力が高いために、
医師免許がなければ、取り扱いができません。

医療レーザー脱毛には、リスクや副作用がある

さらに、医療レーザー脱毛には、次のような
4つのリスクや副作用があることがわかっています。

  1. あかみやヒリヒリ感、むくみ
  2. 毛嚢炎(もうのうえん)
  3. 硬毛化・増毛化
  4. やけど

脱毛の効果を高めるには、
レーザーの出力を上げることが必要です。

しかし、レーザーの出力を上げると
肌への刺激が強くなり、上記のようなリスクが高まります。

医療レーザー脱毛の場合は、医師が常駐している
脱毛クリニックで施術を受けるため、
万が一、副作用がでれば、すぐに処置してもらえます。

家庭用レーザー脱毛器には、リスクや副作用はないのか?

問題は、自宅で、家庭用レーザー脱毛器を使った場合に
そういうリスクはないのか?

気になりませんか?

私は、気になって、家庭用レーザー脱毛器トリアの
公式サイトを、すみずみまで読みました。

そこで、見つけたのが、FAQ(よくある質問)の中の次の記述です。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器をヒゲに使えますか?

使えます。

ただし使用範囲は男女共に鼻より下の部分のみ
に限ります。

特に男性のヒゲはクリニックで行われる
レーザー脱毛でも最も効果が出にくく、
大変時間がかかります。

ヒゲがあまり濃くない場合は、
トリア・パーソナルレーザー脱毛器での
お手入れが適する場合もありますが、
毛量が多い場合は強い痛みや火傷、水ぶくれを
生じる恐れがあります。

ヒゲ部分をケアする場合は、
必ずテスト照射をしてください。

また、出力レベルは一番低いレベル1から
試すようにしましょう。

あらかじめケアする箇所を冷たいタオルや
保冷剤などで冷やしておくと痛みが軽減されます。

つまり、男性のヒゲで毛量が多い場合には・・・

  • 強い痛み
  • 火傷
  • 水ぶくれ

のリスクがあると書いてありました。

家庭用とはいえ、業務用の
ダイオードレーザーを応用したトリアは、
エネルギーを一点に収束して照射するため、
高い効果が期待できる反面、
リスクがあります。

一方、多くのメーカーが製造している
光(フラッシュ)式の家庭用脱毛器は、
照射しても、光は自然に分散するため、
そこそこの効果である反面、
リスクも少ないのです。

男性のヒゲで、毛量が多い場合とは?

次に、気になったのは、リスクはあるにしても、

「毛量が多い場合は」

という条件付きです。

どのくらいだったら、毛量が多いというのか?

その客観的な基準は何なのか?

知りたくなりました。

といいますのも・・・

髭や体毛が濃いなど、様々な容姿のコンプレックスで
悩んでいる方の中は、客観的にみれば、

「少し濃いかもなぁ・・・」

とか、

「そんなに気にするほどでもないのでは?」

という方も、少なからずいらっしゃいます。

しかし、昔、それで、心が傷ついた経験があると

「自分は、絶対に毛量が多いに違いない」

「だから、人付き合いが苦手なんだ」

と思い込んでしまうこともよくあります。

つまり、客観的な基準がなければ、

ひげが濃くて悩んでいる男性なら、

「毛量が多い場合は・・・」

に、自分が当てはまると、考える可能性が
高くなってしまうのです。

そこで・・・

トリア・ビューティ・ジャパンさんに、

「毛量が多い場合」の客観的な基準について、

直接、問い合わせをしました。

トリア4Xをヒゲで試してみた・・・

私が、トリア・ビューティ・ジャパンさんを
尋ねた背景には、そんないきさつがあったのです。

担当の女性の方が、親切にいろいろと教えてくれました。

現行のトリア主力機種は、
トリア4X(フォーエックス)です。

「試しますか?」

「あ、いいですか?」

せっかくの機会なので、テスト照射してみました。

まず、出力最小のレベル1で、
手の甲の毛がないところに照射すると・・・

なんともありません。

次に、手の甲の少し毛がある部位に照射すると・・・

ピリッ・・・

ちょっと感じました。

次は、ヒゲです。

レベル1のまま、まず毛が生えていない
ほほの当たりで照射すると・・・

なんともありません。

次に、鼻下のヒゲの一番外側に照射すると・・・

レベル1でも、「ビビッ」とくる感じです。

これは、照射前に肌をしっかり冷やさないと、
痛みハンパないな・・・

すっかり、チャレンジする意欲はなくなりました。

レベル1でさえ、冷やさずに、このままやり続けたら、
痛いに決まっています。

もしかすると、激痛かもしれません。

それ以上、やらなくても、体の反応でわかります。

痛いということは、毛根のメラニン色素に
レーザーが当たって、反応している証拠です。

医療レーザー脱毛だと、鼻下のヒゲは、
麻酔が必要なくらい痛いわけで、
痛いのは効いているからと、考えられます。

家庭用とはいえ、レベル1でも、容赦なく、
ヒゲが痛い、レーザー脱毛器トリアの威力には、
たいへん魅力を感じました。

「もう今日は、これで止めておきます」

「そうですね・・・

照射前に冷やしてもらえれば、大丈夫です。

最初は、レベル1から始めて、痛みが少なくなってから、
次のレベル2に上げてください。

続けているうちに、だんだん慣れてきますから」

トリア・ビューティ・ジャパンさんからの回答は?

そして、私が質問した「毛量が多い場合」については

「夕方になると、朝のヒゲを剃る前と同じくらいになる場合」

という回答をいただきました。

確かに、夕方までに、ヒゲがかなり伸びる人も
いるかもしれません。

そういう方は、医療レーザー脱毛で、麻酔をして
施術を受けるのが、最も痛みやリスクが少ないかも・・・
と思いました。

ただ、実際には、トリアの取扱説明書の手順に従って、
照射しているのに、肌のトラブルが起きたケースは
ないようです。

考えてみれば、トリアの本国アメリカは、
日本と比べものにならないくらいの訴訟大国。

トリアは、日本の厚生労働省に当たるような行政機関
FDA(米国食品医薬品局)から認可を受けた
唯一の家庭用レーザー機器です。

もし、通常の使用で、消費者の健康に害を及ぼす
事故があれば、大規模な訴訟が起きるでしょうし、
FDAからの認可も取り消されるはず・・・

そう考えると、毛量の多い男性が、トリアを使用する際に
起きるかもしれないリスクを、予め公式サイトに明示する
姿勢には、かえって好感を覚えました。

トリアのユーザーの3割は男性

現在のトリアの購入者のうち、3割は男性だそうです。

脱毛する仕組みから考えると、

やはり、医療脱毛でも、自宅であっても、

男のヒゲにはレーザー

だろうなぁ・・・

思いつつ、トリア・ビューティ・ジャパンさんの
オフィスをあとにしました。

今なら、トリアの公式サイトで購入すると
割引もあり、しかも、2年間の保証付きです。

価格をみても、日本で一番売れている
有名な光(フラッシュ)式の家庭用脱毛器よりも、
ずっとお買い得なんですね。

気になる方は、この下をクリックして、確認できます。

 家庭用レーザー脱毛器トリア 公式サイトへ


この記事はお役に立ちましたか?
あたたかい応援、いつもありがとうございます!
ポチッ↓


美容(メンズ)ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です